スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストコンテスト

2007/04/14 22:30
20070414223143.jpg

日本ファルコムというゲーム会社(PC)で、イース誕生20周年を迎えた記念企画『イースイラストコンテスト』という催しものがありまして。
私も僭越ながら応募したのですが(しかも締切日ギリギリ)、参加はできたもののサイズが規定に合ってないということであえなく規格外でした。

しかし、そんな恥晒しの私の規格外作品にもスタッフの方から勿体無いくらいのコメントをいただきました!!

う、嬉しすぎます!!恐縮です!!
頑張って描き上げた甲斐がありました!報われた思いでいっぱいです。

で、制作裏話をば。
実はこれ、構図は前々から頭の中で固まって出来てました。
ただ、別件で製作中のものがあったのでなかなか作業に移れずにいたのです。ラフだけは描きとめておいてましたが。

そうこうしてるうちに、とうとう〆切当日。
今日は何が何でも描き上げねばならぬと、作業中のものを中断してイラコンに切り替え。
CGなんて描き方すら知らないので、迷うことなくアナログ絵で制作!

夕方までかかって構図と色合いのバランスを考え下絵を完成させ、ペン入れ。
続いて着色のムラをなくす為、ボードの水塗り。
そして数日前通販購入したばかりのアクリルガッシュで着色。

アクリル(ホルベイン)は使ったことがありますが、アクリルガッシュ(ターナー)は初体験。
ぶっつけ本番で塗り始めました。
そもそも筆を使ってカラーイラストを描くこと自体ご無沙汰なのに、初挑戦の絵の具を使用してイラコンに挑むなんて我ながら無謀です。

でも、割と使いやすくて塗りやすかったです。
アクリルなので、色味を考えて作業してたら絵の具が固まっていた事が何回も。
重ね塗りをして絵に深みが出せるのは良いですね!
筆と紙の描き味を体感できるのは充実感あります。
アナログの面白さと楽しさを堪能しながら作業を進めていたら外は真っ暗な夜。
仕上げた頃には、日付も変わって丑三つ時でした。

さて、いよいよPCに取り込んでデータをメールで送るだけ!
サイズ規定に合わせる方法なんて、そういえばよく知らなかったことに気が付いて(オイ)、頭が働かないままコメント考えつつ自力で四苦八苦して送信しました。

こんな時間に電話したら大迷惑確実ですし、とても出来ません!!
後から、友人に「この時間起きてたから電話してよかったのに」と言われても後の祭りで。

当然のことながら、事前に計画的に進めておくことを身をもって思い知らされました。
本当なら原稿を投稿してナマで見て頂くのが一番良いのですけどね。
結果発表を拝見したら、友人や知人がちらほら。
そして懐かしいお方まで参加されてました。
皆さん力作揃いで、好きだという想いが絵に込められ、それがヒシヒシ感じられる作品も多くて圧倒されてばかりでした。

反省点を言い出したらキリが無いんですけど、もっと綿密に作画に時間をかけたかったですね。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。